知識

G1で単勝を狙うなら直近で勝利経験のあるジョッキーに絞る

2021 年の日本ダービーではエフフォーリアに騎乗した横山武史ジョッキーが惜しくも 2 着。

ただ、横山武史ジョッキーは 2020 年に重賞初制覇、そして 2021 年の皐月賞で G1 初制覇を達成しており、今後が期待される騎手の 1 人となりました。

こうやって早い段階で結果の出るジョッキーはいいのですが、なかなか G1 に手が届かないジョッキーも多く見てきました。

また、短期的に G1 を複数回優勝しても、その後サッパリというパターンも少なくありません。

やはり、G1 を勝てるのは直近で G1 を勝っているジョッキーという法則は正しいのでしょうか。

そこを検証していきたいと思います。

単複で勝負したいあなたはどちらが好みですか?
的中率70%の単勝馬券
安定的に資金が増える複勝馬券

G1勝利ジョッキーの統計

下記の表は、2018 年から 2020 年 5 月末までの G1 勝利ジョッキー別の勝利数です。
(短期免許の外国人ジョッキーと地方所属ジョッキーは除外します)

ジョッキー 勝利数
ルメール 24
福永祐一 10
M.デムーロ 9
川田将雅 7
北村友一 5
池添謙一 3
松山弘平 3
武豊 2
戸崎圭太 2
吉田隼人 2
和田竜二 1
浜中俊 1
藤岡佑介 1
松若風馬 1
幸英明 1
岩田康誠 1
横山武史 1
横山典弘 1

こうやって見てみると、一部の上位のジョッキーに偏っていますね。

まあ、ルメールが凄すぎるのですが。

冒頭の横山武史ジョッキーや、松山弘平ジョッキーはこれからも勝利を重ねていくでしょうし、残念ながら怪我で離脱してしまった北村友一ジョッキーもチャンスがあったでしょう。

ただ、他のジョッキーはというと、確率的には G1 では避けたくなりますよね。

中でも、今後の G1 勝利が期待しにくいジョッキーはこの辺でしょうか。

・和田竜二
・浜中俊
・藤岡佑介

テイエムオペラオー以来の久し振りの G1 制覇となった和田ジョッキーも、高松宮記念でクリノガウディーで見せ場を作ったものの結局は宝塚記念のミッキーロケットのみ。

浜中ジョッキーはリーディングジョッキーの地位を確立したかに思いましたが、ミッキーアイルの事件がキッカケなのか伸び悩みました。なんとかロジャーバローズで日本ダービーを勝ったものの、それ以外は物足りない成績です。

藤岡佑介ジョッキーもケイアイノーティックで念願の JRA の G1 勝利を達成しましたが、やはり G1 レースでの存在感は薄いままです。

この3年前の統計

下記の表は、2015 年から 2017 年末までの G1 勝利ジョッキー別の勝利数です。
(短期免許の外国人ジョッキーと地方所属ジョッキーは除外します)

ジョッキー 勝利数
M.デムーロ 14
ルメール 9
武豊 7
川田将雅 5
浜中俊 4
蛯名正義 3
池添謙一 3
戸崎圭太 3
横山典弘 3
福永祐一 2
石橋脩 1
四位洋文 1
北村宏司 1
田辺裕信 1
大野拓弥 1
幸英明 1
吉田隼人 1
岩田康誠 1
松山弘平 1

どうでしょうか。

2018 年以降の G1 勝利ジョッキーと大きく被ってますよね。

下手に G1 勝利から遠ざかっているジョッキーを狙うよりも、G1 の勝ち方を知っているジョッキーを狙いたいところです。

3着以内はチャンスあり

では、勝ち切れないとしても、3 着以内だとどうでしょうか。

下記の表は、2018 年から 2020 年 5 月末までの G1 3 着以内のジョッキー別の着度数です。
(短期免許の外国人ジョッキーと地方所属ジョッキーは除外します)

ジョッキー 勝利数
ルメール 40
川田将雅 26
福永祐一 25
M.デムーロ 20
北村友一 15
武豊 14
戸崎圭太 13
池添謙一 9
松山弘平 8
横山典弘 7
藤岡佑介 6
吉田隼人 5
岩田康誠 4
三浦皇成 3
横山武史 2
勝浦正樹 1

3 年以上の年月を考えると、やはり G1 で上位に絡めないジョッキーは人気馬に乗っている時は軽視したいところです。

G1 での騎乗機会や馬質にも左右されるデータではありますが、それだけ G1 レースは平場とは異なる性質を持っています。

せっかくなので、上記のジョッキーの着度数も見てみましょう。

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率 着度数
ルメール 32.9% 54.8% 124% 87% 24 – 11 – 5 – 33 / 73
福永祐一 13.3% 33.3% 90% 76% 10 – 6 – 9 – 50 / 75
M.デムーロ 12.3% 27.4% 85% 60% 9 – 4 – 7 – 53 / 73
川田将雅 10.4% 38.8% 75% 73% 7 – 9 – 10 – 41 / 67
北村友一 12.2% 36.6% 114% 109% 5 – 4 – 6 – 26 / 41
池添謙一 5.9% 17.6% 53% 112% 3 – 3 – 3 – 42 / 51
松山弘平 7.0% 18.6% 16% 56% 3 – 2 – 3 – 35 / 43
武豊 3.0% 20.9% 13% 88% 2 – 5 – 7 – 53 / 67
戸崎圭太 4.3% 27.7% 59% 86% 2 – 5 – 6 – 34 / 47
吉田隼人 12.5% 31.3% 42% 125% 2 – 1 – 2 – 11 / 16
和田竜二 2.5% 20.0% 32% 84% 1 – 5 – 2 – 32 / 40
藤岡佑介 2.4% 14.3% 30% 56% 1 – 4 – 1 – 36 / 42
横山典弘 2.1% 14.6% 27% 42% 1 – 2 – 4 – 41 / 48
岩田康誠 1.9% 7.5% 11% 28% 1 – 2 – 1 – 49 / 53
横山武史 6.7% 13.3% 24% 19% 1 – 1 – 0 – 13 / 15
浜中俊 3.0% 6.1% 282% 32% 1 – 1 – 0 – 31 / 33
松若風馬 5.3% 10.5% 170% 52% 1 – 1 – 0 – 17 / 19
幸英明 3.2% 6.5% 62% 84% 1 – 1 – 0 – 29 / 31
内田博幸 4.3% 4.3% 46% 12% 1 – 0 – 0 – 22 / 23
津村明秀 0.0% 20.0% 0% 124% 0 – 3 – 0 – 12 / 15
石橋脩 0.0% 15.4% 0% 197% 0 – 2 – 2 – 22 / 26
田辺裕信 0.0% 6.7% 0% 37% 0 – 2 – 1 – 42 / 45
大野拓弥 0.0% 9.5% 0% 39% 0 – 1 – 1 – 19 / 21
鮫島克駿 0.0% 14.3% 0% 72% 0 – 1 – 0 – 6 / 7
長岡禎仁 0.0% 50.0% 0% 1080% 0 – 1 – 0 – 1 / 2
三浦皇成 0.0% 10.7% 0% 47% 0 – 0 – 3 – 25 / 28
藤岡康太 0.0% 6.9% 0% 241% 0 – 0 – 2 – 27 / 29
勝浦正樹 0.0% 25.0% 0% 35% 0 – 0 – 1 – 3 / 4
柴田大知 0.0% 11.1% 0% 81% 0 – 0 – 1 – 8 / 9
高倉稜 0.0% 20.0% 0% 158% 0 – 0 – 1 – 4 / 5
藤懸貴志 0.0% 100.0% 0% 2820% 0 – 0 – 1 – 0 / 1

まとめ

G1 レースで勝利が期待できるジョッキーについて分析してみました。

様々な条件で施行される G1 レースですが、やはりリーディング上位のジョッキーの成績が良いのがわかります。

人気薄の一発や、G1 勝利の機会が少ないジョッキーが人気馬を持ってくるケースは多くはありません。

直近だと、

藤懸貴志(オークス) ハギノピリナ
吉田隼人(ヴィクトリアマイル) ランブリングアレー
鮫島克駿(フェブラリーS) エアスピネル
松山弘平(有馬記念) サラキア

もちろん、G1 レースでは応援したい馬やジョッキーがいるので、勝ち負けに関係なく馬券は売れていきます。

しかし、本気で馬券を当てに行きたい場合は信頼がおけるジョッキーに便乗したいですね。

[追記]
この記事を書いた直後に、川田将雅ジョッキーがダノンキングリーで安田記念を勝ちました。人気もなく美味しかったですね。

単複で勝負したいあなたはどちらが好みですか?
的中率70%の単勝馬券
安定的に資金が増える複勝馬券
オッズで勝負する馬券術

回収率重視の競馬予想が加速する中、的中すれば確実に儲かるように資金配分する馬券にも注目が集まっています。

当日買いの人にオススメしたいのが、以下の 2 つの馬券術。

・的中率 70% の単勝馬券
・3 連複を中心とした投資馬券

どちらも高い的中率のゾーンを狙う馬券術のため、レースの締め切り 5 分前くらいまで時間を使える人に適しています。

的中率70%の単勝

極撰競馬投資法