馬券術

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

発売初日から話題の「とうけいば」さんの「降格ローテ」

Amazon で注文したのにも関わらず、我が家に到着したのは発売日から 4 日後・・・。

ようやく、出走表から降格ローテ該当馬を算出するプログラムも完成しました。

【とうけいば】降格ローテの該当馬が本当に儲かるのか検証してみた前走だけを見れば馬券に勝てる。 数多くの予想理論が乱立し、AI による予想も広まった昨今。 競馬新聞の馬柱から、前走欄だけを...

早速、これを使って実践してみましたので紹介していきます。

単複で勝負したいあなたはどちらが好みですか?
的中率70%の単勝馬券
安定的に資金が増える複勝馬券

出走表の説明

前回はプログラムの動作確認をしながらだったので、表の中身がグチャグチャでした。

今回は、条件にマッチした馬を印で表現してみました。

◎:降格ローテ
▲:降格ローテ(前走5着以内)
×:昇格ローテ
無印:それ以外

メインはもちろん降格ローテなのですが、ヒモ選びもできるように他の印も付けてみました。

こんな感じです。

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

2021年10月10日 新潟1R

早速、上記で紹介した出走表から。

このレースの降格ローテ馬は 4 頭。

01. ロープスピニング
07. アトラクティッド
10. ショウナンワオン
15. グリーンエンジェル

普段はワイドなんて買わないのですが、書籍を参考にしてみてまずはワイドから。

この 4 頭の中で軸が決められなかったのと、4 頭とも単勝オッズが 40 倍以下だったのでボックスにしました。

これが見事的中。ワイド 4050 円です。

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

「馬連にしておけば万馬券だったのに」

というお決まりのパターンなのですが、1, 3 着や 2,3 着だったことを考えるとこれが正解なのでしょう。

降格ローテの条件は満たしているけど、前走の着順から◎には該当しなかったダントツ人気のコスモツカサが 3 着。

3 連単は 10 万円を超えました。

このレースの結果だけを見ると、降格ローテの破壊力は半端ないですね。

2021年10月10日 新潟3R

同じく新潟の 2 歳未勝利戦。

今度は牝馬限定ではなく混合戦のダート 1800m です。

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

ここは降格ローテ該当馬が 8 頭もいます。

軸が決まらなければ見送りたいレースですが、降格ローテの No.1 の理論を重要視してみましょう。

この項目については印だけでは情報が足りないので、やはり A, B, C, D, E の変動を表示させるべきでしたね。

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

どうでしょうか。

これだと以下の 2 頭に軸を絞れそうですよね。単勝オッズも条件を満たしています。

03. ブルーインサニティ
07. エニアグラム

ここから他の降格ローテ該当馬(単勝オッズでフィルタ)にワイドフォーメーションで流す感じが理想でしょうか。

欲を出すと、この 2 頭軸で 3 連複といきたいところですが・・・。
(この 2 頭のワイド 1 点とか?)

結果は、エニアグラムが 3 着。ブルーインサニティは 13 着でした。

ただ相手のサーティファイドが 1 着になり、ワイド 1640 円の的中です。

京都大賞典

参考までに、この日の重賞レースもチェックしておきましょう。

あのマカヒキが感動を与えた復活のレースです。

話が少し反れますが、ネット記事のコメント欄に「実は友道厩舎に藤岡康太騎手鞍上は意外と好相性」という書き込みがありました。

これ、まさに降格ローテの書籍に書かれていた「確証バイアス」ですから(笑)

2021 年のマカヒキの京都大賞典含め、2018 年以降の藤岡康太ジョッキーと友道厩舎の成績は以下の通り。

上位の厩舎なので当然成績は良くなりますが、回収率からすると普通くらいですね。
(マカヒキがなければもっと低い数字だったでしょう)

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率 着度数
(栗)藤岡健一 8.9% 24.1% 130% 67% 17 – 12 – 17 – 145 / 191
(栗)友道康夫 10.5% 25.4% 85% 77% 12 – 10 – 7 – 85 / 114
(栗)西浦勝一 13.2% 23.7% 74% 88% 10 – 3 – 5 – 58 / 76
(美)堀宣行 17.9% 26.8% 78% 51% 10 – 3 – 2 – 41 / 56
(栗)須貝尚介 9.4% 27.1% 42% 58% 9 – 11 – 6 – 70 / 96
(栗)宮徹 5.8% 25.0% 31% 62% 7 – 12 – 11 – 90 / 120
(栗)羽月友彦 10.9% 28.1% 66% 97% 7 – 4 – 7 – 46 / 64
(栗)大久保龍 15.2% 32.6% 67% 100% 7 – 4 – 4 – 31 / 46
(栗)奥村豊 11.3% 21.0% 186% 83% 7 – 2 – 4 – 49 / 62
(栗)村山明 21.2% 30.3% 141% 73% 7 – 1 – 2 – 23 / 33
(栗)今野貞一 9.7% 29.0% 39% 91% 6 – 6 – 6 – 44 / 62
(栗)武幸四郎 12.5% 22.9% 50% 51% 6 – 4 – 1 – 37 / 48
(栗)池江泰寿 12.8% 25.5% 53% 40% 6 – 3 – 3 – 35 / 47
(栗)野中賢二 5.0% 21.3% 37% 92% 4 – 8 – 5 – 63 / 80

池江泰寿厩舎の調教でもよく見かけますが、ここの厩舎はオルフェーヴル以来これといった馬が出てこないので頑張って欲しいですね。

実際に藤岡ジョッキーとの相性も良くない。

さて、京都大賞典に話を戻しましょう。

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

芝のレースは、ダートのレースに比べると降格ローテで判定できる数が少なくなります。

よって、芝の重賞レースでの使いどころは難しいですね。

人気の「ヒートオンビート」など、昇格ローテ馬を消す材料には使えたかも。

毎日王冠

毎日王冠も同様に判断に困りますね。

【実践編】降格ローテ該当馬のワイドボックスが炸裂

やはり、降格ローテはダート中心で、芝は条件戦での出番の方が多そうです。

G1 シーズンでの楽しみが減りますが、芝の G1 は自分予想で楽しんで、その他のレースで降格ローテを活かしましょう。

結果

この日は、午前中の新潟のレースの後が続かず、私の選定では的中ができませんでした。

課題があるとすると、まずは以下のようなことですね。

・軸の決め方
・買うべきレース
・見送るレース

軸については書籍にも妙味があるなら複数頭でも全然 OK という言葉がありました。

なので、新潟 3R みたいなパターンは自分でも悪くないと思っています。

軸が 1 頭に絞れれば、単複とワイド流しが理想な感じですよね。

まとめ

1 つ補足しておきたいのは、回収率を重視している馬券術なので的中率はそこまで高いわけではないことです。

これは前回の記事の的中率を参照してもらればわかることですが、それなりの資金を用意するか 3 連系に手を出さないことが重要です。

【とうけいば】降格ローテの該当馬が本当に儲かるのか検証してみた前走だけを見れば馬券に勝てる。 数多くの予想理論が乱立し、AI による予想も広まった昨今。 競馬新聞の馬柱から、前走欄だけを...

あと、連敗確率を意識して資金分配していかないと毎週負ける可能性が高いことは一目瞭然。

まずは自分で決めた軸馬の複勝率、その複勝率から算出される連敗確率を理解しておきたいですね。

欲を出さずに、まずは単複とワイドをチマチマと実践してみることをオススメします。

単複で勝負したいあなたはどちらが好みですか?
的中率70%の単勝馬券
安定的に資金が増える複勝馬券
オッズで勝負する馬券術

回収率重視の競馬予想が加速する中、的中すれば確実に儲かるように資金配分する馬券にも注目が集まっています。

当日買いの人にオススメしたいのが、以下の 2 つの馬券術。

・的中率 70% の単勝馬券
・3 連複を中心とした投資馬券

どちらも高い的中率のゾーンを狙う馬券術のため、レースの締め切り 5 分前くらいまで時間を使える人に適しています。

的中率70%の単勝

投資競馬プロ