複利馬券術

回収率アップ馬券術

TARGETにキャリア指数上位馬の印を取り込む方法

先日、「キャリア指数の馬印データをいただけませんか?」というお問い合わせをいただきました。

キャリア指数の算出は TARGET のデータを利用しているのですが、残念ながら結果の指数順位は TARGET に反映していないのです。

指数順位の csv や Excel など生のデータであればすぐにでも提供可能なのですが・・・。

しかし、キャリア指数の指数順位を TARGET に馬印として取り込めば、4 年連続で回収率 100% を超えている単勝以外にも、有効な馬券種が見つかるかもしれません。

また、いろいろな条件でフィルタもしやすくなるので、以下に掲載したようなデータも素早く集計可能です。

キャリア指数 1 位の馬に対して、さらに条件を絞ることで的中率と回収率を向上させることができるファクターを調査していきます

時間と気力があれば地道に TARGET に印を登録していく方法も考えられますが、さすがに面倒なので TARGET に馬印を一括で取り込む方法を調べてみました。

堅実に利益を増やす複利馬券

馬券資金管理バイブル
PAT口座が毎月増え続ける理論

目次

馬印のインポートに必要な情報

馬印を一括で TARGET に取り込むには、以下の情報が必要です。結果的に、「レースID」の生成は不要でした。

レースID
馬印

確かに以前、ハイブリッド競馬新聞のデータパックを使った際に似たようなファイルをインポートした記憶があります。

外部指数と馬印をそれぞれ別のファイルで扱っていたハズです。

ハイブリッド競馬新聞では、以下の数値を「外部指数としてTARGETに取り込む」ためのデータパックが有料で提供されています

よって、これと同じく、馬印データを生成して取り込めば実現できそうです。

記憶が正しければ、指定のフォーマットに沿ったファイルを作成して、そのファイル名を TARGET で指定するような作業だったと思います。

そこで早速、「レースID」と「馬印」のフォーマット仕様から調査開始です。

レースIDの特定方法

「レースID」は結果的に不要でしたので、お急ぎの方は読み飛ばしてください。

調べたところ、レース ID は以下のフォーマットで構成されています。

「レースID」といいつつ、馬番まで含めると「出走馬ID」的な感じですね。

年月日(YYYYMMDD) + 競馬場(2桁) + 開催回数(2桁) + 開催日数(2桁) + レース番号(2桁) + 馬番(2桁)

例えば、2019 年 1 月 20 日の AJCC を勝った「シャケトラ」を特定するデータは以下になります。

日付:2019年1月20日(20190120)
競馬場:中山(06)
開催回数:1回目(01)
開催日数:7日目(07)
レース番号:11レース(11)
馬番:7番(07)

要するに「201901200601071107」ですね。

「開催回数」と「開催日数」がなくてもデータの一意性は保てるので、この 2 つのデータを外してほしかったな・・・。

というのも、キャリア指数を計算する際に、この 2 つのデータは保存していないのですよね。

ちなみに、競馬場の 2 桁のデータは以下になります。

番号 競馬場
01 札幌
02 函館
03 福島
04 新潟
05 東京
06 中山
07 中京
08 京都
09 阪神
10 小倉

馬印ファイルの仕様

「レースID」の規則が分かったら、あとは馬印ファイルの作成方法です。

これも、どうやら開催回数や開催日数が絡んでいるようで、特定のファイル名でファイルを生成する必要があります。

ポイントは以下になります。

ファイル名は、"UMyykpp.DAT"で、yyは西暦下2桁、kは回次、ppは場所名漢字一字です。

各レコードは、前半6バイトがレース印分で、レース印は、
 +0 '0' 未使用
 +1 '0'~'9' TARGET frontier内の色コード
 +2~5 レース印 レース印

文章だけ読んでいるとわかりにくいですが、例えば馬番 1, 3, 5, 7, 9, 18 の馬に「◎○▲注△▽」の順に印をつけた場合、以下のようになります。

わかりやすいように、半角スペースを「_」で表現しておきます。

______◎__○__▲__注__△________________▽

っと、ここまで書いていて気付きましたが、「レースID」の作成は不要ですね(笑)

しかし、「開催回数」はファイル名に必要だし、開催日数もレースの並び順(ソート順)に必要なので、どちらにしても把握しておく必要はあります。

日付の昇順で良さそうなイメージもありますが、降雪のため開催順延とかなった場合に順番狂いそうな気はするのですよね(冬場は起こり得ますよね)

それにしても古臭いシステムの仕様書っぽくて受け入れがたい・・・。

馬印ファイルの作成

まずは馬印ファイルの作成から進めていきます。

ファイル名は以下のフォーマットになっています。

UM + 西暦の下2桁 + 開催回数 + 競馬場の略文字

「レースID」の項目で例に挙げた「シャケトラ」のレースが含まれるファイル名を考えてみます。

固定文字列:UM
西暦の下2桁:2019年なので19
開催回数:第1回中山開催なので1
競馬場の略文字:中山なので中(中京の場合は名古屋の名です)

よって、「UM191中」がファイル名になります。ファイルの拡張子は DAT でいいのかな。

1 開催 8 日間で、1 日 12 レースなので、合計 96 行のデータが 1 ファイルに含まれます。

稼動指数は、新馬戦や未勝利戦、障害、2,3 歳限定戦は取り扱っていないので、うまいこと「行」を調整しないといけないですね。
(特に午前中のレースとかはほとんどない)

こんなイメージで 1 ファイルに 96 行のデータを作成して DAT ファイルに出力ってところでしょうか。

「UM191中.DAT」ファイルの中身

空白行
空白行
空白行
空白行
空白行
2019年中山1回1日 6Rの情報
2019年中山1回1日 7Rの情報
2019年中山1回1日 8Rの情報
2019年中山1回1日 9Rの情報
2019年中山1回1日 10Rの情報
2019年中山1回1日 11Rの情報
2019年中山1回1日 12Rの情報
.
.
.
2019年中山1回8日 11Rの情報
2019年中山1回8日 12Rの情報

レース番号はデータに持っているので、プログラムでファイル生成する分には全然問題ありません。

馬印データを作成する上での注意点

データを作成していて気付いたのですが、開催日数の上限は 8 ではなく 12 くらいまであることが判明しました。

ってことは、開催日数が 6 の場合は 72 行のデータで良かったということでしょうか。

いっそのこと、JRA-VAN 提供の JV-Link を使って .NET C# とか VB で Windows アプリ作った方が早い気がしてきました。

ただ今回は、地道にスクリプト言語で頑張ってみます。その結果、以下のファイルを生成しました。

UM181中.DAT
UM181京.DAT
UM181函.DAT
UM181名.DAT
UM181小.DAT
UM181新.DAT
UM181札.DAT
UM181東.DAT
UM181福.DAT
UM181阪.DAT
UM182中.DAT
UM182京.DAT
UM182函.DAT
UM182名.DAT
UM182小.DAT
UM182新.DAT
UM182札.DAT
UM182東.DAT
UM182福.DAT
UM182阪.DAT
UM183中.DAT
UM183京.DAT
UM183名.DAT
UM183新.DAT
UM183東.DAT
UM183福.DAT
UM183阪.DAT
UM184中.DAT
UM184京.DAT
UM184名.DAT
UM184東.DAT
UM184阪.DAT
UM185中.DAT
UM185京.DAT
UM185東.DAT
UM185阪.DAT

儲かりそうなデータや傾向も見つかったので、もう少し分析してみたいと思います。

馬印データのTARGETへの反映

馬印ファイルができたら、TARGET の馬印フォルダに入れます。

TARGET が Windows の C ドライブにインストールされていると仮定します。

その場合、「C:\TFJV」のようなフォルダ構成になっていると思いますが、馬印データはこの下の「MY_DATA」フォルダの中にあります。

C:\TFJV\MY_DATA

既に馬印を設定している人は、この「MY_DATA」の下に「UmaMark2」のようなフォルダがあると思います。

C:\TFJV\MY_DATA\UmaMark2

UmaMark は 8 まで設定できますが、既存の自分の印に影響しないように、UmaMark8 くらいに入れると安心かも。

ここでは試しに、UmaMark2 に入れてみます。

TARGETにキャリア指数上位馬の印を取り込む方法

これで、TARGET の馬印項目(1~8)の設定した項目に印が表示されるようになります。

月単位で回収率100%を超える馬券術

今回は、2019 年に活躍しているメルマガや情報配信商品を紹介します。

月単位で回収率100%

レジまぐには数ヶ月連続で回収率 100% を超える人気メルマガがいくつもあります。

どうしても馬券で儲けたい、当たらない週末が嫌だという方は必見。まずは自分の興味のある理論で予想展開されているメルマガを探してみてください。キャリア指数も参加しています。
※レジまぐは初月無料も多く収支が明確に公開されています

最も売れた競馬予想メルマガは?

堅実に利益を増やす複利馬券

自分の興味のある馬券術を使って 100 レース以上を試し(できれば1000以上が好ましい)、的中率と回収率を算出します。その馬券術の回収率が 100% を超えていれば、的中率を元に資金を的確に分割して買い続けるという資金管理方法。競馬で熱くなって負けてしまう人や、最終レースで取り返そうと大きく突っ込むなど予算管理が苦手な人にピッタリの理論です。

馬券資金管理バイブル

PAT口座が毎月増え続ける理論

話題の指数や馬券術について

特に注目している馬券術については以下の通りですが、現在は自分で回収率が 100% を超える理論を見つけたのでキャリア指数のみを実践中です。

AI 競馬予想の「VUMA」や「SIVA」の有料プランについてもレビューを書いてみましたので、興味のある方はご覧ください。

回収率アップのヒント

TARGET などのツールを使って回収率が期待できるファクターを調べています。

キャリア指数の分析にも力を入れています。

注意事項

このコンテンツでは様々な馬券術により、指数や期待度の高い馬を算出して公開しているだけであり、当該週の競馬の結果を保証するものではありません。興味のある馬券術について理解を深めたり情報交換するものでありますので、馬券の購入は自己責任でお願いします。

また、各指数や選出馬においては、限りなくルールに従い正確な値が算出されるように注意を払っておりますが、完璧な数値を保証するものではなく、意図せず間違った数値になっている可能性がありますので、ご了承ください。

TOP