複利馬券術

回収率アップ馬券術

キャリア指数の前走距離データ

キャリア指数 1 位の馬の前走成績について問い合わせが多く、中でも「距離短縮」について興味がある方がいたので調べてみました。

キャリア指数について詳しく知らない方は、先に以下のページをご覧ください。

       
キャリア指数は、競走馬がこれまで稼いだ獲得賞金と着度数を用いて能力を導き出す稼動指数をアレンジした指数です

一般的には、「距離延長」の馬の成績が少し悪く、「同距離」「距離短縮」はそこまで大きな差はないと考えています。

ただし、距離や条件によっては「距離短縮」の成績が良い場合があり、特に出走馬の中に距離短縮の馬が 1 頭または 2 頭しかいない場合など、バイアスの傾向が強ければ距離短縮の馬が人気薄でも買ってしまうというケースも多々あるようです。

私が自分で予想をする場合は、芝の中距離レースであっても。距離延長の馬は避けたくなります。まあ、強い馬は関係なく買っちゃいますし、中距離路線は G1 レースを目標にするとローテーション的に延長になるケースが多いですしね。

短縮の馬を単純に狙うのか、複利馬券で運用するのかはわかりませんが、複利馬券については以下を参考にしてください。

堅実に利益を増やす複利馬券

馬券資金管理バイブル
PAT口座が毎月増え続ける理論

目次

前走からの距離別成績

さっそく、前走からの距離変動を見ていきたいと思います。

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
同距離18.8%44.9%91%85%
今回延長21.8%45.7%224%108%
今回短縮22.6%49.6%104%91%

全体的に悪くない成績ですが、意外にも距離延長組の成績が良いイメージです。

キャリア指数 1 位の馬については、前走距離をそこまで意識する必要はなさそうです。

まとめ

2018 年の前走からの距離の傾向を見てみました。

距離短縮については、その馬の特徴もありますし、コースの馬場のバイアスによっても通用する時としない時があります。

特に短距離戦では、距離短縮をしたことで周りの馬のスピードが速く、逃げたくても逃げられないや、追走に苦労するなどマイナスになってしまう馬もいます。

馬の適性が合えば、キャリア指数と組み合わせて狙てみるのはアリかもしれませんね。

月単位で回収率100%を超える馬券術

今回は、2019 年に活躍しているメルマガや情報配信商品を紹介します。

月単位で回収率100%

レジまぐには数ヶ月連続で回収率 100% を超える人気メルマガがいくつもあります。

どうしても馬券で儲けたい、当たらない週末が嫌だという方は必見。まずは自分の興味のある理論で予想展開されているメルマガを探してみてください。キャリア指数も参加しています。
※レジまぐは初月無料も多く収支が明確に公開されています

最も売れた競馬予想メルマガは?

堅実に利益を増やす複利馬券

自分の興味のある馬券術を使って 100 レース以上を試し(できれば1000以上が好ましい)、的中率と回収率を算出します。その馬券術の回収率が 100% を超えていれば、的中率を元に資金を的確に分割して買い続けるという資金管理方法。競馬で熱くなって負けてしまう人や、最終レースで取り返そうと大きく突っ込むなど予算管理が苦手な人にピッタリの理論です。

馬券資金管理バイブル

PAT口座が毎月増え続ける理論

話題の指数や馬券術について

特に注目している馬券術については以下の通りですが、現在は自分で回収率が 100% を超える理論を見つけたのでキャリア指数のみを実践中です。

AI 競馬予想の「VUMA」や「SIVA」の有料プランについてもレビューを書いてみましたので、興味のある方はご覧ください。

回収率アップのヒント

TARGET などのツールを使って回収率が期待できるファクターを調べています。

キャリア指数の分析にも力を入れています。

注意事項

このコンテンツでは様々な馬券術により、指数や期待度の高い馬を算出して公開しているだけであり、当該週の競馬の結果を保証するものではありません。興味のある馬券術について理解を深めたり情報交換するものでありますので、馬券の購入は自己責任でお願いします。

また、各指数や選出馬においては、限りなくルールに従い正確な値が算出されるように注意を払っておりますが、完璧な数値を保証するものではなく、意図せず間違った数値になっている可能性がありますので、ご了承ください。

TOP